鮎放流の後…

修善寺橋の下の浅瀬の岩盤あたりに、鮎の稚魚がチラチラ見え始めました。

三田釣り具店の親父の話では、
一週間前位から稚魚が泳いでいる、とのことです。

また、吊り橋近辺でも魚の姿が確認されているようです。

鮎が見え始めたということで、尾崎荘の親父は早速、鵜よけの糸張りを行いました。

手伝ってくださったのは、大沢さんと鈴木さん。
ありがとうございました!!

川の両サイドに分かれて作業開始。

500mの糸(5号)を5本使用。

20140409-144354.jpg

作業終了後、柳の木の下の浅瀬に舐め取り跡を確認しました。

今年もたくさん釣れる年になるといいですね。


カテゴリー: 四季のたより, 鮎友釣り パーマリンク